読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年4月から走り始めたイクメンリーマンの記録

初フルの板橋Cityマラソンで大撃沈をかました男のブログ。弱点は胃腸です。

はてブロ駅伝の出欠はこちらへお願いします。

忍び足≒変態

ランニング 日常 LSD サブ4に向けて サブ3.5に向けて

片付けなければならない仕事が山盛りのため、

普段より1時間半早いAM6時に家を出る必要があった。

 

一般人「まじかよ~目覚ましを2個セットして明日の用意して・・・」

ラン麻薬中毒「じゃあ一時間半早く始動しなきゃ」

※普通の人はちゃんと睡眠をとりましょう

 

 

えーいつもAM4:20くらいから始動してるので、今日はAM3:00前起きです。

さすがに眠いです。

正社員枠にドラフト制度があれば、新聞配達とセリ市場から指名がくることだろう。

 

 

AM3時あたりから2時間LSD。

寒い。体温まらない。叫ばれた。

f:id:tuyudaku1218:20170213073430p:image

 

昨年末頃から、ジョグくらいならラン中の足音がほとんどしなくなりました。

そのため、朝練習中に近いところスレスレを抜かすとビクっとされることがあります。

(私の抜かし方にも問題有り)

 

 

AM4:00頃かな。

横断歩道渡る先に、一人たたずむ若そうなシルエットの女性がいました。

(暗闇で視界不良なのでシルエットです)

シルエットはスマホをじっと凝視し全く周りが見えていません。

その道は狭い幅員で、シルエットが壁際に寄るか道路側に一歩進んでくれないと

私が通過できません。

LSDをさらに徐行しても全く動く兆しもないので、道路側をクイっとカーブして

避けようとしました。

 

 

すると、おもむろにシルエットが直進。スマホは見たまま。

足音無音でLSDしていた私はぶつかりそうになったので焦り、

それまで無音だったステップからバタバタっとシルエットを避けました。

 

そのバタバタッの足音でようやくシルエットが気づいたようです。

 

女性「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああ」

 

閑静な住宅街にこだまする断末魔。

一斉に振り向く

 

 

 

 

 

人は誰も居ない。なんたって早朝4時ですから。

昼間だったら任意同行されかねないレベル。

 

 

てか、俺よけてたじゃん!悪いの俺?!俺が車だったらあんた死んでるぞ!

バツが悪いのでスイマセンっと軽く頭を下げそのままLSD続けましたが

不意の威嚇に私もビビリにビビリ、瞬間最大心拍は180超え。

ちょっとーLSD中なんですけどー。違うな。

 

 

ランニング中に足音が立たないのは脚をうまく使えてる証の一つなのですが、

早朝の一般人からしたら危険分子に捉えられるようです。

朝活派の皆様、人垣を通るときは歩いてやりすごすか一声かけるのを薦めます。