読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年4月から走り始めたイクメンリーマンの記録

初フルの板橋Cityマラソンで大撃沈をかました男のブログ。弱点は胃腸です。

はてブロ駅伝の出欠はこちらへお願いします。

【4月22日】葛西臨海公園ナイトハーフマラソン レポ⓪

 

親会社のランサークルからのお誘いで、

GW最終日に12kmレースに急遽出場が決まりました。

12kmっていう何とも半端でキツそうな距離ですが、

連続消化不良とならないようしっかり出し切りたいと思います。

サブ3ペースで押し切るのを目標にしてみます。

 

 

以下レースレポ

 

午前中はしっかり家族サービス

f:id:tuyudaku1218:20170424203105j:image

昼飯を食べてからはレース準備+あまり力を使わないように家の中でまったり。

 

 

PM15:00頃

弱雨予報は18時の予定だったのに既に降っている。しかもかなり強い雨足。

会場に着く頃には止んで欲しいと淡い期待を持つが、

折りたたみ傘ではカバーできそうにないのでノーマル傘を持って出発。

 

 

PM16:45

一時間半前に現地に着く。

しめしめ雨は降ってないぞ。ゆったりと受付テントへ。

受付を済ませ現地テントで戦闘服に着替え、さぁストレッチするか・・・

 

 

 

ポツ・・・ポツッ・・・ザァー

 

きやがった。

10分もしたら本格的な降りっぷり。

レース慣れしてない方も多く見受けられ、

ゴミ袋やポンチョなど全く持ってない人もいて現場はちょっとした混乱。

f:id:tuyudaku1218:20170424094139j:plain

※屋根の下で様子をうかがうランナー達のイメージ画像

 

私は持ってきたゴミ袋に荷物一式を入れ傘の下でバナナをムシャついていたが

どんどん水が溜まってきてブルーシートが体をなさない状態に。

仕方ないので荷物一式抱えて移動。本来ならカップルが憩うであろう

オサレな屋根付きベンチに避難し、私はトイレの軒下で濡れない程度に雨避け。

屋根スペースにランナーが一斉に詰め込んできた様子は沈没船の脱出ボートのようだった。

 

 

 

PM17:50(スタート10分前)

整列を促すアナウンスをしているらしい。

雨音が強くてよく聞こえない。

早そうなランナー。ノースリーブ軍団。仮装ランナー。

 

 

誰も動こうとしないしw

 

 

風で吹き付けるような横殴りの雨だったので、

ビニール袋を持ってこなかったランナーの方の荷物はずぶ濡れでした。

雨足は更に強くなるばかり。

避難所からも「今日は流すかー」「中止とかないよね?」と話す声がする。

私自身も、「よりによって今日この時間かよーorz」と凹み気味。

限られたスペースで肩甲骨ストレッチと腿上げだけはしておいた。

足を前後左右に振る動的ストレッチもしたかったのだが、

横のランナーにぶつかってしまうため自重しました。

 

 

スタート5分前

雨の中ずぶ濡れになりながらボランティアさんが整列を促しにきた。

あの日のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

意を決してノースリーブ軍団がスタート地点に向かっていきました。

私も覚悟を決めて第一陣の後を追うように雨の世界に飛び出します。

 

 

あっという間に全身シャワー。

雨宿りしてた意味無しw

気温は15℃ほどあったので寒さは感じなかったが、

ウェアは早くも雨水を含んで体に張り付く。

道もところどころ水たまりができていて、

スタート地点に向かう足並みで水しぶきがかかる。

 

最初はムっときたが、

この状況だと水しぶきを立てずに走る方が無理とすぐに理解。

私も威勢良くしぶきを上げながらWSをして刺激をいれさせていただくww

勝負シューズはスタート前でグショグショ;;

 

 

えーいもう知らん!

せっかく来たんだから完走証もらって帰る!ムキー

 

 

PM18:00

やけくそ状態でハーフの部がスタート

 

 

レースの模様は次から。