読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年4月から走り始めたイクメンリーマンの記録

初フルの板橋Cityマラソンで大撃沈をかました男のブログ。弱点は胃腸です。

はてブロ駅伝の出欠はこちらへお願いします。

1分で出来る筋膜リリース

日付が前後しますが、

先週から90分以上走ると足の甲の同じ部分が痛くなる事が続いていました。

いつも履いているTABIOのソックス履くときもその部分がキツく感じていた。

ふと風呂で足を見たとき、足の甲が少し腫れてるような・・・?

痛くなると歩くのも支障が出るレベルですが、しばらくすると痛みが引き、

日常では何ら問題がありません。

 

ただ、腫れてる(ような気がする程度)ってのがどうも引っかかっていました。

ネット上で調べると大体同じような症状の疑いにたどり着きました。

 

f:id:tuyudaku1218:20170412084228j:plain

痛みの箇所は足首~足の甲の間の中心あたりが、

足を着くとき、特に蹴り出す時に鈍い痛みが走りました。

シューズを代えても変わらないので足自体の問題です。

 

【その時に考えた可能性】

リスフラン関節捻挫の症状

・足の甲が腫れている

・体重をかけたときに足の甲に激痛を感じる

・普通に歩くことが困難でびっこを引いてしまう

・つま先立ちに強い痛みを感じる

 

ランニングの蹴り出す瞬間に
第2・第3中足骨に大きな力が集中します。
そのため中足骨疲労骨折による症状は
第2中足骨と第3中足骨に起こりやすいと言われています。
この場合、やや内側の足の甲の痛みや腫れが生じます。

 

ジョーンズ骨折
全力疾走からの急停止や
急激な方向転換をするターン運動などで
足の外側に体重がかかる状態を繰り返すことで起こります。

 

もし骨折ならまともに立ってられないと思ったけど、

診断してもらえば白黒はっきりするだろう。

ということで、一昨日会社の帰りにスポーツ障害を扱う病院に行きました。

 

おかじま接骨院(奥沢・「九品仏」駅徒歩3分、「自由が丘」駅徒歩6分、各種保険対応)

こちらには初めてお世話になります。

開口一番

医「すごいハイアーチですねぇ!」

はきはきした先生ですw

 

診断内容・結果

まず症状を伝えてから足を触り、曲げたり押したりして可能性を探ります。

このときは押しても痛みは0に近かった。ぎゅーっと押せば少し痛いけど。

 

医「うーん、骨折はなさそうですね。エコーを撮ってみましょう」

 

両足の甲にジェルを塗りエコー画像の説明をうける。

痛みのある方の足、確かに肉が盛り上がってるのがわかる。

骨には何の異常も無いようだ。

 

そしてお医者さんから予期せぬ一言

医「この件とは違いますが、ツユダクさん胃腸悪くしたりしてませんでした?」

 

 

え!なんで分かるの!?

 

医「脛の筋肉と腰横の筋肉がガチガチです。胃腸と連動してることが多いんですよ」

 

なんと・・・3.19の一件が↓

板橋シティマラソン 反省と検証+【レースレポ】 ※長文 - 2016年4月から走り始めたイクメンリーマンの記録

ここまで尾を引いているのか・・・

たしかに、板橋撃沈の時は腰周辺が異常に疲れ、

板橋以降は脛がダルくなることが多かった。

 

 

医「あと、足裏もガチガチです。そのために外反扁平足気味になってます」

 

淡々と話しながら足裏のマッサージ及びテーピングで外反扁平足の処置をしていただく。

すると、腫れ気味だった患部の緊張具合が緩くなってきている。

 

医「今回の症状は腱鞘炎でしょう。筋肉ゆるめたので普段どおり走ってみてください。もし痛みが消えないようなら再診しましょう」

 

なんと休足勧告なしだった。

やはり一人で悶々としないでさっさと病院行って良かった~

 

医「足の甲は多くの筋肉に繋がっているんですよ。なのでそこの筋膜を剥がしてあげると足全体のケアに繋がりますよ」

 

その方法ですが(ようやく本題です;)

足首と足の甲の間のあたりの肉を数ミリつまむだけ

f:id:tuyudaku1218:20170412092155j:plain

 

つまむとつねるの中間の強さ(痛くないくらい)でよいそうです。

 

たったそれだけのことが、その時の私には悶絶の痛み!!!

筋膜リリースが効く時って声が出るほど痛いんですよねw

もう片方の足はなんともありませんでした。

お支払い二千円程度で済んだ。はやく行って良かった~

 
まとめ 

グリッドローラーで臀部や足の裏のケアはマメにしてるつもりでしたが、

目からウロコの診断結果となりました。

お陰様で患部の痛みはすっかり無くなりました。

道具無しで簡単にできますので、

ラン後のケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。