2016年4月から走り始めたデブメンリーマンの記録

初フルの板橋Cityマラソンで大撃沈をかました男のブログ。弱点は胃腸です。

LSD症候群

 

自分のランのベースは、

初期にふくらはぎやスネを痛めた時に買った

金哲彦さんの【体幹ランニング】を指針としています。

 

「体幹」ランニング (MouRa)

「体幹」ランニング (MouRa)

 

↑読ませていただいてる方にも何人か買ってる人いらっしゃったはず。 

一回参加したフォーム講習会でも、半分はこの本の教えを実践していました。

 

 

はてなブログ始め、記事の中でダニエルさん理論を初めて知りました。

それからタイムを意識した練習をするようになる。

 

月刊ランニング誌も読むようになりました。

 

 

全ての情報源の中に練習メニュー例などが載ってますよね。

サブ4~5のメニューを見ると、そのほとんどがJOGやLSDです。

LSDなんてキロ7~8分でやれとのこと。

 

自分が自然に走れるペースから+1分半~2分ゆったり走った方が

より効果的とのこと。私の場合7分半でやれってことなります。

 

 

だんだん走れるようになってきてランが楽しくなってきた時期、

「そんなチンタラ走ってられるかっ( ゚д゚)、」

本能のままに走っていた私はかったるそうなLSDメニューを拒否。

走りやすいペースで距離を積み重ねてきました。

 

 

 

4~7月までこなしてきたメニューをダニエル指標でざっくり分析してみた。

LSD : 0%??

Eペース:10%

Mペース:50%

Tペース:30%

Iペース: 5%

Rペース: 2%

WS  : 3%

 

LSDやってたつもり(だんだん早くなる)→Mペース

調子良いから早めに走ろう(ペースばらばら)→なんちゃってTペース

ビルドアップじゃ~~→ぐだぐだ中折れBU走

 

・・・

 

計測アプリは腰ポケットにつけてるので、走ってるときは1km毎の音声ガイドのみ。

時計、買った方がいいのかねぇ?

1年続いてたら買うか考えよう。

 

 

これまでに20km以上を2回経験しました。

いずれも足にダメージが残り、ラスト間際はガス欠です。

走れる脚をつくることを真面目に考え始めました。

 

 

「LSDやってみるか」

ランナーツユダク三ヶ月目での覚醒です(炎_炎)

 

 

計測なしに一時間やってみました。

 

 

感想

むずかしい!!遅く走れない!!膝の裏側痛い!!抜かれる!!

 

普段の走りとは違う種類の疲れが残りました。

膝裏痛もあまり経験無い。

ゆっくり走る分、脚に体重が乗る時間が長くなるからでしょうか。

呼吸は全然余裕なんですけど。

一番のスロー練習なのに体疲れまくり。LSD奥が深い。

 

 

 

オイ俺の毛細血管!!広がったのかい?広がらないのかい?どっちなんだい!?

f:id:tuyudaku1218:20160728104311j:plain